【目的別】モバイルバッテリーの選び方をわかりやすく解説!

今回はスマートフォンの充電に欠かせないモバイルバッテリーの選び方について記事をまとめました。

家に帰れば、モバイルバッテリーなんて使わなくてもいいわけですが、外出先だとそういうわけにはいきません。

今のスマホはただの連絡手段だけではなく、ニュースを見たり、音楽を聴いたり、写真や動画を撮ったり、SNSを使ったりとあらゆる用途があります。

なので、スマホの充電が切れると致命傷になりかねない人も多いことでしょう。

というわけで、モバイルバッテリーの購入を検討する人が多いかと思いますが、モバイルバッテリーもたくさんの種類があり、ぶっちゃけどれを買えば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は僕がモバイルバッテリーの購入を検討している人に向けて3つのカテゴリーにモバイルバッテリーを分けて、それぞれどういった人におすすめなのかをまとめました。

ぜひ参考にしてください。それでは、さっそくいってみましょう!

サイズ重視でコンパクトなモバイルバッテリーをおすすめする人

持ち歩きに便利なサイズな代わりに、容量はスマホ1回分程度のモバイルバッテリー。普段からそんなにスマホを使う機会ない人はこの程度のもので良いかもですね。

普段の生活で念のためにモバイルバッテリーを携帯する

学校や会社、休日の遠出など。普段から持ち歩く人で、一応念のためにモバイルバッテリーを持っておきたいと考えている程度の人。

そんな方にオススメなのは、充電回数がスマホ1回分程度の容量のコンパクトなモバイルバッテリー

毎日自宅で充電するだけで基本的には間に合ってるけど、万が一のことを考えて普段から持っておきたいと考えている人も多いでしょう。

そんな方にとって一番大事なのはモバイルバッテリーの大きさです。

頻繁に使うわけでもなく、念のため持っておく程度であれば、持ち歩くのに差し障りのないサイズがいいですよね?

なので、日常的に持ち歩き念のために常にカバンに忍ばせておく程度に考えている人は、サイズ重視で選びましょう。例えばこんなやつですね。

コンセント一体型のモバイルバッテリーをおすすめする人

通常、モバイルバッテリーそのものを充電するときはスマホ同様にUSBケーブルを使って充電します。

その際に、コンセントにUSB対応のプラグを差して充電しますよね?

コンセント一体型のモバイルバッテリーは、モバイルバッテリー自体にプラグが付いてるので、そのままコンセントに刺して充電することができる代物です。

そして、さらにUSBケーブルを使ってスマホに刺すと、モバイルバッテリー以外にも充電器として利用することができる一台二役の便利商品という側面もあります。

普段から充電することが多いスマホのヘビーユーザー

夜、寝るときにスマホを充電するだけでは間に合わず、職場や学校でも充電する機会の多い人。

電源のある場所ではコンセントに挿して充電器として利用し、外出中などコンセントがない所ではモバイルバッテリーとして利用することによって、いつでもスマホを充電することができます。

普段からスマホをよく使うためにすぐ充電がなくなってしまう人はコンセント一体型のモバイルバッテリーがおすすめです。

旅行で使う人

旅行へモバイルバッテリーを持っていくことを検討している人にもコンセント一体型のモバイルバッテリーがおすすめです。

理由は、コンセント一体型のモバイルバッテリー1つで充電器にもなるしモバイルバッテリーにもなるので、荷物を少なくすることができるから。

旅行へ行くときはなるべく荷物を減らしたいですよね?

それに、サイズの小さいものを選んでおけば普段から持ち歩いて利用することもできます。

コンセント一体型のモバイルバッテリーで有名なのはAnkerというメーカーのものですね。

大容量のモバイルバッテリーをおすすめする人

スマホを10回以上充電できるような大容量のモバイルバッテリー。

そんなの誰が使うの?ぶっちゃけそんなにはいらないでしょ?

と思うかもしれませんが、用途によってはおすすめできる人もいます。

また、もしもの災害時にこういった大容量のモバイルバッテリーは重宝するので、念のために一家に一台置いておくという使い方もあるようです。

ただ、最初にデメリットを伝えておきますが、サイズは大きいし重いので持ち運びに便利とは言えないのが正直な感想です。

トレッキングやバックパッカーで電源のないような場所へ行く場合

趣味でよくトレッキングへ行ったり、バックパッカー旅行で僻地へ行くような人は大容量のモバイルバッテリーをおすすめします。

トレッキングとは言っても日帰りであれば平気かもしれませんが、泊まりがけで1週間とかそういった長期間のトレッキングの場合には何日間も充電できる環境にないことが多いですよね?

バックパッカーで僻地に行く場合も同様で、宿に電気が通ってなかったりということもあります。

そういった時に重宝するのが大容量のモバイルバッテリーです。

また、トレッキングやバックパッカー旅行の場合カメラなどの撮影機材を持ち歩いてる人も多いですよね?

モバイルバッテリーは、USBケーブルを挿して充電するものなのでスマホ以外にもUSBケーブルで充電するものであればカメラも充電することができますよ!

普段からたくさんのガジェットを持ち歩いている人

先ほど少し触れましたが、モバイルバッテリーはスマホ以外にもUSBケーブルを使って充電できるものであれば基本的に使えます。

ちなみに、僕は普段からカメラやGoproを持ち歩いてますが、旅先でよくモバイルバッテリーを使って充電したりしています。

例えば、何日も移動が続いてコンセントが使えなかったりした時ですね。

モバイルバッテリーの用途がスマホだけであれば、上2つで紹介したコンパクトで容量の小さいモバイルバッテリーやコンセント一体型のモバイルバッテリーで良いのでしょう。

しかし、スマホ以外にも充電したいものがあるとなると、やはり大容量のモバイルバッテリーが必要になってくるかなと僕は考えています。

ちなみに、僕はこのカテゴリーに当てはまる人なので普段から大容量のモバイルバッテリーを持ち歩いています。

以前使っていたモバイルバッテリーについてはレビューを書いているので、よかったら参考にしてください。

海外旅行に超便利!モバイルバッテリー「Easy Acc 26000mAh」を使ってみたよ!

2016.11.22

ちなみに、このモバイルバッテリーはベトナム旅行中になくしてしまったので、現在僕はこちらのモバイルバッテリーを使っています。

バッテリー残量が具体的な数値で表示されるので、とてもわかりやすく使いやすいですよ!

というわけで、今回はモバイルバッテリーの選び方についてでした。自身がどういった目的でモバイルバッテリーを買うのかを考えて、それにあったものを選んでみてください!

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!